中性脂肪を増やす食べ物について

皆様こんにちは。

おなかのお肉が気になる昨今、中性脂肪と聞くだけで気がめいってしまいます。私には関係ないない、アハハハ~~~\(^o^)/とか、言ってみたいものです。昔の私ならそう言えてた?かもしれませんが、今は絶対言えないセリフです。

(でしょうねと、、、どこからか娘の声がする?(-_-;))

関係ないと笑える日がくる事を願いつつ、中性脂肪と戦うべく日々情報を集めています。今日のテーマは中性脂肪と食事の関係。その中でも、中性脂肪を増やす食べ物についてご紹介します。

中性脂肪を増やす食べ物

中性脂肪を増やす食べ物について調べてみると、一般的に‘’おいしい“と言われる物が多くありました。

“あ~、結構食べてる食べてる、そりゃ、中性脂肪も増えるわ”と、心でツイート。

そんな、おいしくて、でも“中性脂肪の素”となってしまう食べ物を具体的にご紹介します。

ショ糖を多く含む食品

代表的な食品に、ケーキ・お菓子・アイス・ジュースなどがあります。また、果物に含まれる果糖も=ショ糖です。

では、このショ糖の何が悪いのか?

ショ糖は、本来人間が活動するためのエネルギー源ですので、摂取自体はむしろ必要です。しかし、エネルギー代謝されなかった場合、体内で中性脂肪に変わります。

この、代謝されなかった場合というのが問題なのです。上記にある、ケーキ・お菓子・アイス・ジュースの多くに、驚くくらいの量の砂糖(=ショ糖)が使われていますので、ショートケーキ1個といえども、相当量のお砂糖を食べた事になってしまいます。

という事は、必然的に代謝されないほどの量を簡単に摂ってしまう可能性が高いという事になります。甘みの強い食べ物は中性脂肪対策を行う上ではハイリスクな食べ物だと言わざるを得ません。

“これを食べたら絶対に中性脂肪は増えるんだ!!”もしくは、“今日はしっかり動くぞ~~~!とそれくらいの覚悟で食べないといけないのかもしれませんね。

そういえば、少し前にこんな事がありました。

とある薬局に、意味ありげにラベルのはがされたペットボトルが数本陳列されていました。飲料の種類は分かりませでしたが、空っぽのペットボトルの中にたくさんの砂糖らしきものが入っているという状態。添えられた説明を読んでびっくり。

“これらの飲料に入っている砂糖の分量です。摂り過ぎには十分注意しましょう”と、そんな感じの事がかかれていました。マジか!と、またまた心でツイートしつつ凝視していると、薬剤師さん登場。

薬:“驚きますよね。飲料ラベルに記載されている炭水化物=お砂糖です。これは、それらを分かりやすく表現したものです。もし、気になる事があれば、これを参考になさってください。“

私:“気になりますとも!!たった今、検診で注意されたばかりですとも!!”と、心で叫びつつ、私には関係ないワ的なシレーッとした顔で、“あ、そですか。アリガトゴザイマス”と、なぜか日本語がカタコトになりながらのリアクション。内心ドキドキしていたせいでしょう。

と言うのも、この頃ほぼ毎日飲んでいた、甘~いお気に入りのドリンク&体重計に乗った時のムムム!!な感じが脳裏に浮かんだのです。

こうなると、もう気になって仕方がないので帰宅途中にコンビニに立ち寄り、例のドリンクを購入。早速炭水化物チェ~ック!!

祈るような気持ちで計量すると、入っているお砂糖の分量の多さにびっくり&ショックで魂がふぁ~っとどこかへ飛んでいく気分でした。

炭水化物○○グラムと数字で見るのもドキッとしますが、実物を見た時のインパクトは実に強烈で、以降、一度もその大好きだったドリンクは飲んでいません。

そして、外出先で飲料を選ぶ時、必ず炭水化物の量をチェックしてから購入するようになりました。皆様、甘くておいしい飲み物は、、怖いかもです(-_-;)

脱線してスミマセン。話を元に戻します。

脂質を多く含む食品

お肉の脂身、天ぷらやフライなどの揚げ物・生クリーム・アイス・バターなど、動物性脂肪を多く含む食品。

これらは主にエネルギー源なので、人間が活動する上では必要です。適量を摂取しつつも、摂り過ぎは禁物です。摂取量を普段の半分、もしくは2/3に減らしてみる、そんな感じで摂取量の調整をしてみましょう。

アルコール

ワイン・ビール・焼酎など、アルコール類が体内で分解される時、肝臓で中性脂肪の合成が進み蓄積されます。これは元々肝臓が持っている機能なので、それ自体は普通の事。ただ、過度に蓄積されれば脂肪肝となってしまいます。脂肪肝は進み過ぎるともう後戻りできません。次に待っているのは肝硬変、、、怖いですね。こうならないためにも、適度な飲酒を心がけましょう。

炭水化物

ご飯・パン・うどん・そば等の炭水化物を多く含む食品。

炭水化物が分解される際に糖質に変わり、これがエネルギーとなります。過度の摂取によりエネルギー代謝されなかった部分が中性脂肪として蓄積されます。

まとめ

中性脂肪を増やす食べ物について調べて感じた事。それらの多くは、おいしくてぱくぱく食べてしまいたくなる食べ物だという事。これには参りました。

ただ、それらのほとんどはエネルギー源であるため、適量の摂取は必要。食べてよいのです。ただし、過度な摂取は問題。それにより、中性脂肪が生まれ体内に蓄積されるのです。

結論、美味しくても食べ過ぎない・飲みすぎない・甘みの強い食べ物は控える等、中性脂肪を増やさない食生活を心がけましょう。

下記サイトもご覧ください。
【誰でも減らせる中性脂肪】生活習慣病が気になる方のためのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です