チョコレートとアイスクリームが中性脂肪をやっつける??

皆様こんにちは。

チョコレートとアイスクリーム、一見してダイエットの敵!!みたいな印象の食べ物ですよね。当然、中性脂肪をやっつけてくれるなんて事がある訳ないと考えがちです。

でも、もし本当にチョコレートとアイスクリームが中性脂肪にアプローチしてくれて、結果的に楽しくダイエットができるなら、苦痛なダイエットとはさようならできるかもです。でも、本当じゃなかったら?単なるうわさ話だったら?結果は、、、もう恐怖でしかありません。本当にコワイコワイ(-_-;)

という事で、チョコレートとアイスクリームが本当に中性脂肪をやっつけるのか?検証スタートです!!

チョコレートで中性脂肪をやっつける?

チョコレートの原料はカカオ豆。このカカオ豆、かつては薬だったのだとか。そのことからも体に良い事は想像できます。では、まずはその栄養成分と効果について検証します。

チョコレートの栄養分と効果

  1. :カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など、体を整えてくれるミネラル成分が豊富に含まれています。
  2. :ビタミンB2で、脂質や糖質の代謝を促します。
  3. :脂質(オレイン酸)が血液中のLDL(悪玉)コレステロールを低下させます。又、カカオバターには、体内に吸収された脂肪が血液中に移行するのを抑え、体脂肪率の上昇を防ぐのに効果的です。
  4. :食物繊維の効果で、便秘予防が期待できます。
  5. :カカオポリフェノールは、血糖値の急激な上昇を抑制するほか、脂肪の燃焼・代謝をアップさせる効果があります。

なんか、チョコレートって凄いです(^○^)

チョコレートは中性脂肪に効果あり

以上の事から、チョコレートが中性脂肪に直接アプローチするというのが本当だと分かりました。アプローチする成分はカカオポリフェノールとオレイン酸にカカオバター。

チョコレートには脂肪分が含まれているので警戒しがちでしたが、その脂肪分が中性脂肪に直接アプローチするなんて本当にすごい事ですよね。脂肪をもって脂肪を制す、そんな感じでしょうか。

どんな種類のチョコレートが良いの?

中性脂肪にカカオが有効と分かったので、カカオが多く含まれるチョコレートを選びましょう。カカオ多めのチョコレートは、少々苦いですけどね。

アイスクリームの栄養分と効果

“バニラアイスクリームを溶かして食べさせてあげてください”

子供が未だ2歳くらいの頃。風邪を引いて高熱に加え、喉も痛くて何も食べられない時にドクターからいただいたアドバイス。

アイスクリームには、ありとあらゆる栄養素がバランスよく含まれていて、風邪で食事がとれない子供には最適の食べ物なのだと教えて頂きました。

では、中性脂肪に対してはどうなのでしょうか?検証してみましょう。

  1. :たんぱく質は、筋肉をはじめ体のあらゆる組織を作ります。
  2. :脂質はエネルギー源となります。
  3. 3カリウムやカルシウムなどのミネラルは体を整えてくれます。
  4. :ビタミンC以外のビタミン全てが含まれています。細胞の活性化による免疫力の向上、血液循環を促すのがビタミンの主な役割です。ビタミンは、単独では効果を発揮しませんが、他の栄養素と合成してこそ、その効果が発揮されます。

この事から、アイスクリームは優秀な食品ということがわかります。しかし、中性脂肪へ直接的にアプローチする成分は、残念ながら確認できませんでした。

では、なぜそんな噂が広がったのでしょうか?

推察ですが、脂肪分の多いアイスクリームは少しの量で満腹感が得られます。これがダイエットに効果的=中性脂肪にも効果があると勘違いを招いたのかもしれませんね。

あるいは、チーズの中性脂肪へのアプローチ効果を知っている人が、原材料=牛乳である事に着目し、アイスクリームにも同じ効果があるかも?と考え、どこかで話した事がすこし違う形で広まってしまったのかもしれません。

いずれにせよ、中性脂肪に直接的な効果はありませんが、ダイエット中のおやつに少量のアイスクリームを摂る事で満足感を得られる事・それが結果的にダイエットに繫がる事は十分に考えられます。

ただし、アイスクリームは脂肪分を多く含む食品ですので、食べ過ぎてしまえば当然太ります。食べる量には十分注意しましょう。

まとめ

チョコレートは中性脂肪に直接アプローチする。アイスクリームは直接アプローチしない。中性脂肪へのアプローチはチョコレートだけでしたが、食べ方を工夫しさえすれば、いずれもダイエットの強い味方となってくれる食材です。

ダイエットに効果的なおやつを選びたいのか、尚且つ中性脂肪に直接アプローチしてほしいのか、目的を持っておやつ選びをしましょう。

 

※注意※

チョコレートでのダイエットも、アイスクリームのダイエットも、普段おやつを食べる人にとってのみ有効な手段です。

 

普段のおやつをカカオ多めのチョコレートに変える、アイスクリームをほんの少しだけ食べる。こうする事で、それぞれの恩恵が受けられるのではないでしょうか。

 

普段おやつを食べない人がチョコレートやアイスクリームを積極的に食べてしまえば、摂取カロリーが増え、体重増加につながります。お気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です